34歳のからだは食べ物でどう変わるのか? -お食事ログ-

34歳、医者に痩せろと言われました。 食事で身体がどう変わるかを大実験。

失敗を恐れるようになるのはなんでだろう?

ども、どぶろくこと、うたに( @genkiutani ) です。

 

今日は失敗について書いていこうと思います。

自分は口では

「失敗すればいいじゃない!そこから得れるものは多いよ!」というものの…。

自分の事になると失敗を恐れてしまい、アクションを起こせない事があります…。

 

すこーし、自分の事を掘り下げるためにも書いてみようと思います。

 

 

小さい頃の叱られた体験

小さい頃は母親が厳しい人だったので頻繁に叱られました。

あいうえおがちゃんと書けないとか、返事がちゃんとできなかったとか、スゴイたわいもない事なんですが母親の思い通りにならないと叱られました。

小さい頃はとにかく叱られた記憶しかないですね(笑)

 

「ちゃんとできない → 母親が恥ずかしく思う → 叱られる」

というループです(笑)

 

そうなると子供心に叱られたくないんでちゃんとした行動を取ろうとしますよね。

そしたら、失敗しない無難な行動を選んで行うという事が多くなり失敗を恐れるようになるベースが出来上がったのかなと思います。

 

 

思春期の頃の叱られた体験

この頃になると親よりも学校の先生に叱られる事が多かったですね。

 一回、スゴイしばかれた事がありました。

結果無実だったんですがね…。

生徒がいっぱいいるところで叱られたので恥ずかしいってのはありました。

 おまけに当時の彼女にも見られたし(笑)

あれは恥ずかしかったなぁ…(笑)

 

これ以降は大学出て社会人になるまでは叱られるってのは無かったような気がします。

ま、呆れられてたのかも(笑)

 

 

まとめ

まとめると、幼少期の親の叱り方によって大きく左右されると思います。

自分の子も結構叱ってしまうので、書きながら反省してます…。

失敗を恐れずトライしていってほしいですしね!

 

 

さ、息子たちに負けじと頑張ろっと!

では。